門司区で探偵に配偶者の不倫の相談を行い生活調査を依頼してハッキリさせます

MENU

門司区で探偵事務所が不倫相談の調査で始動する順序と趣旨

不倫の調査を探偵事務所のタダで相談をお願いして、調査した内容を伝えかかった費用を計算していただきます。

 

リサーチ法、調べた内容、かかる費用に同意できましたら、実際の合意を交わせます。

 

本契約を交わして本調査が開始します。

 

不倫調査は、2人1組で通常行うのがあります。

 

ですが、望みに受けまして人数を修整することはできます。

 

我が事務所での不倫に関する調査では、リサーチ中に報告が入ります。

 

ですので調査は進捗度合いを常にとらえることができるので、安心することができますよ。

 

 

探偵事務所での不倫の調査での契約では日数は規定で決定されておりますため、決められた日数の不倫調査が終わったら、リサーチ内容と全結果をまとめた不倫調査報告書をあげます。

 

不倫調査報告書には、細かく調査の内容についてリポートされ、不倫の調査中に撮影された写真等も入ります。

 

不倫調査の以降、ご自身で訴えを起こすような場合には、今回の不倫調査結果の調査した内容や画像などはとても大事な証拠になるでしょう。

 

このような調査を我が探偵事務所に要望する目的として、この重要な明証を掴むことがあります。

 

万が一、報告書の調査結果の内容でご納得いただけない場合、再度調査を要求することも可能です。

 

依頼された調査結果報告書に合意していただいて契約が終了させていただいた場合は、以上により今回依頼された調査はすべて終わりとなり、とても重要な調査に関したデータは当事務所で責任を持って処分します。

門司区で不倫調査は探偵事務所スタッフが逃げられない証拠を裁判所に提出してくれます

不倫調査といえば、探偵事務所の事を想像されますね。

 

「探偵」とは、相談者からの調査依頼を受けて、周辺の聞き込みや、ターゲットの尾行や、見張りなどの様々な方法により、特定人の居所、行為の確実な情報を集めることを仕事としています。

 

わが探偵事務所の調査は沢山ありますが、特に多い仕事は不倫調査です。

 

やはり不倫調査は格段に多いのですね。

 

秘密性が高いとされる探偵仕事は、不倫調査にバッチリといえますでしょうね。

 

探偵の事務所に不倫の調査依頼をしたら、プロフェッショナルの広い知識、技を使用し、依頼者様が求める確かな情報や証拠を集めて教えてくれます。

 

 

不倫の調査等の調査の依頼は、以前は興信所に申し出るのが当たり前でしたが、昔と違って相手の身元確認、会社の雇用調査等がほとんどで、探偵のように影で調査するのではなく、対象の相手に対し、興信所の調査員であることを申します。

 

しかも、興信所という場所はほとんど深い調べません。

 

周りへ情報を調べるだけということもしばしばあります。

 

近頃の不倫調査では、相手に気付かれないように動向を調査してほしい人が大部分なので、探偵の方が興信所よりもメリットは大きいですね。

 

私立探偵社に対する法律は前は制定されていませんでしたが、ごたごたが多発したことから平成19年6月に探偵業法が制定されました。

 

なので、公安委員会に届出を提出しなければ探偵と名乗ることができないと定められています。

 

それによりクリーンな探偵業の経営がなされていますので、お客様には安心して不倫の調査をお願いすることが可能なのです。

 

お悩み事があった時はまず探偵にご相談することをおすすめしたいと思うんです。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

門司区で探偵事務所スタッフに不倫調査を依頼時の金額はどれくらい?

不倫調査に不可欠なのは探偵に対した依頼することですが、手に入れるために裏付などを施術が納得できなかった場合に、有効な分、値段が上がる傾向にあります。

 

とうぜん、依頼頂く探偵事務所により値段は異なりますので、多くの探偵事務所があるならその事務所により費用が異なっているでしょう。

 

不倫の調査での際には、行動調査として調査員1人毎一定の料金がかかってしまいます。調査員の人数が増えれば増えるだけ調査料がますます高くなるのです。

 

ターゲットの行動調査には、尾行のみ、結果のみの簡易的な調査のほかに、予備の調査、特殊機材、証拠の動画、報告書で提出する「基本調査」と二つあります。

 

行動調査にかかる費用は、60分ずつを単位としています。

 

決められた時間をオーバーして調査を続行する場合には、別料金がかかってなります。

 

尚、探偵1名つきおよそ60分ずつの延長費用がかかってきます。

 

 

さらに、バイクや車を使った場合、別途、費用がかかってきます。

 

日数×台数の費用で決められています。

 

車両サイズによって必要な料金は変わるのです。

 

交通費や車に必要な料金等調査に必要な費用等も必要になってきます。

 

それと、状況になりますが、探偵特有の特殊機材などを使うこともあり、それに必要な別途、費用がプラスされてきます。

 

特別な機材とは、暗視ゴーグルや偽装ビデオカメラ、小さいカメラ、集音機、カメラと連動したモニター様々な機器が使用できます。

 

当探偵事務所では様々な特殊機材を使った非常に高い技術でどんな問題も解決へ導くことが必ずできます。